主な歩み

1967~1975

67 早稲田大学在学中に毎日新聞東京本社編集局で働く。
68 フォークコンサートを主催しブームの一端を担う。
70 FM東京、FM大阪で、一日2時間のレギュラー番組を持つ。
71 音楽事務所「メディアラボ」を興し、音楽制作と興行を実施。
71 自らDJとして、静岡放送、TBS、毎日放送に出演。
75 語学留学のため渡英。

1976~1984

76 帰国。再びDJと台本執筆。博報堂の企画ライター。
79 KBS京都で3時間の生放送DJ。
80 FM東京にてアドバンサウンドコックピット他、台本執筆。
84 関西テレビのワイドショー「土曜100%」主筆構成者。

1985~1995

85 テレビ朝日「スポーツUSA」を企画。スポーツ分野の構成が増える。
87 フジテレビジョン「F1グランプリ」の構成で、造詣の深いモータースポーツにのめりこむ。
87 ル・マン24時間およびモナコグランプリ取材開始。
88 ケニア・サファリラリー取材。
  パリ~ダカールラリー、全行程取材。サハラ横断。
89 フジテレビ「AUTO倶楽部」などの番組を構成。のちにF1専門番組「ポールポジション」に
  生まれ変わる。
  専門誌「AUTOSPORT」誌に記事を書きはじめる。
89 フジテレビF1アバンタイトルを書きはじめる。88 F1総集編スタート。

1996~2000

96 テレビ朝日ハイビジョン番組多数の制作に加わる。
96 日本放送作家協会理事となる。98 同・企画事業委員長就任。
99 「走れクニミツ~小説高橋国光物語」(ニューズ出版)上梓。
00 ル・マン24時間レースに「テレビ朝日レーシングプロジェクト」として参戦。
  チーム作りとプロモーションを担当。
00 社会貢献番組作りのためのNPO法人「感動創造21委員会」の創立メンバーとなり、
  盲導犬三部作を制作。
00 アメリカの盲導犬、介護犬、セラピー犬事情視察のためニューヨークへ。

2001~2004

01 日本脚本家連盟作詩コンクール「京都 奥山 恋庵」で星野哲郎賞受賞。
  作詩活動を再開する。
02 日本放送作家協会理事・企画事業委員長として足立区での市民講座開設。
03 東京オートサロン(幕張メッセ)モータースポーツ館・総合プロデューサー。
04 ル・マン24時間レースで「チーム郷アウディスポーツジャパン」の優勝取材。
  その後単行本執筆。

2005~2011

06 東アジアドラマ作家会議で釜山へ。
07 東アジアドラマ作家会議のため上海へ。
08 日野美歌さんの歌「願わくば桜の下で」作詩作品・CD発売。
08 三栄書房「60年のわだち」編集参加、執筆。
08 東アジアドラマ作家会議(長崎)
11 健康コーポレーション社長「瀬戸健ものがたり」を執筆。
11 明治大学公式庭球部記念ビデオ構成。

2012~2015

12 HONDA スポーツ&エコプログラムをオーディオドラマにするため、体験入学。
  レースデビュー。Aライセンス取得。
12 小浜島訪問。ばあちゃん合唱団取材。番組に。
14 トムス40周年記念本「トムスの軌跡」執筆。
14 森脇基恭著「世界一の考え方」構成。
14 セナ没後20年特番。
14 小浜島 石垣島取材。番組に。
15 3月、ブログ再開。